スポンサーサイト

  • 2006.07.08 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


キング・コング

キング・コングを見てきた。

上映時間は長かったみたいだけど、あまり長さを感じることもなくて、なかなかよかった。恐竜出すぎとか、必要以上に船員を描いている気はしたけれども。
アンディ・サーキス演じるコングは、なんとなくマッチョな頑固者という雰囲気。そういう意味では人間的だったかも。

本編では特に泣くところはないけれど、エンドクレジットでオリジナルに対するオマージュを見て、感動してしまった。数十年後まで影響を及ぼす作品を作った人達も見事だし、それを受け継いでここまでリメイクする連中もスゴイ。

まぁそんなことよりも、一番気になったのは映画館で見たコレなんだけど…。レイナってだれ?ユリアは出ないの?

チャーリーとチョコレート工場

☆☆☆ チャーリーとチョコレート工場 ☆☆☆

今さらながら見てきました。最高。

なぜかガラガラで、館内には合計5人の人しかいなかったですよ。行儀悪いけど、足を伸ばしてのんびりと見れた。ってそんなことはどうでもいいか。

ジョニー・デップの変質者チックな表情とか、ウンパ・ルンパのシュールさとか、かなりツボにはまりました。

フルハウスのススメ(にあまりなってない)

フルハウス -ファースト・シーズン- コレクターズ・ボックス
フルハウス -ファースト・シーズン- コレクターズ・ボックス

フルハウスを知ったのは、たしか大学生のころ。というと10年くらい前になるのか。当時まだ家にいた姉が見ていて、半分同じ部屋で過ごしていた僕もつられて見るようになった。
いわゆるシットコムとかいうやつで、途中で笑い声とか拍手とか、時には溜息なんかも聞こえてくるので、それが嫌だという人もいるかもしれない。

でも!コメディというだけではなくて、すごくあたたかい物語。

三女が生まれてすぐ妻を交通事故で亡くした父親が、親友二人と子育てに奔走。もちろん大人たちにもそれぞれの人生があり、子供たちも成長していくのだけれど、「見わたせばそこにある」家族とのつながりはずっと続いていくのです。

ちなみに僕は、Disc2の「七面鳥とパイの悲劇」で泣きそうになりました。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM